栃木県小山市、栃木市、下野市、野木町、茨城県結城市、古河市の地域で着物や帯、和装小物をお洒落に使いたいお客様にご利用いただいております、着物・振袖専門店「あまのや」です。

栃木県小山市、栃木市、下野市、野木町、茨城県結城市、古河市の地域で着物や帯、和装小物をお洒落に使いたいお客様にご利用いただいております、着物・振袖専門店「あまのや」です。

お問い合わせ・資料請求
   

7代目の創造的破壊的ブログ

前の記事  |  次の記事
呉服屋だけど着物を着たくない001  [2015年08月17日]
こんにちは。あまのやの7代目の天野喬司(あまのたかし)です。
 
今更もいいところですが、改めてブログを書こうと決めました。
 
なぜかって?
 
だって、着物を着ない理由の1位は「○○がわからない」って言われるから。
さらに、「どこに、誰に相談していいのかわかない」のオマケまでついてきます。
 
たくさんブログや記事はあるけど、まだまだ解決できていないことがあるなって痛感したんです。
だから着たいと思ったときに、検索に引っかかったりして悩みが解決したり、
声をかけていただいて、相談に乗ることをしてみたいなと。
それで一人でも着物の楽しさを知る人が増えたら本望です。
 
僕はこの呉服業界はもう、呉服屋同士で「あの店はどうだ、こうだ」と言い合う時代は終わったと思っています。
純粋に一人でもきものファンを増やしたい!
 
そのために、着物のことはもちろん、自分のこと、お店のことを書いていきたいと思います。
どんな人かわからないと、相談する方もされる方も怖いですもんね!
 
ということで、ちょっとだけ自己紹介すると、僕は毎日きものを着たくない!
呉服屋なのにこんなこと書いたら怒られそうですが。
だってスーツの方が動きやすいし、スーツも好きなんです。
 
でも、大事な日は絶対きものを着ます。
勝負の日とか、友達の記念日だとか、お客様をきちんとお出迎えしたいときとか。
 
僕は和装・洋装どちらも好きです。
ほとんどの人は洋装しか知らないと思います。
でも和装を知っていると服装にさらに幅が出ます。
 
和装しか出ないかっこよさがあります。
これからの時代は、「和装と洋装の使い分け」が大事になるのかなと思います。
 
最初だからきっちり書いていますが、目標は高田順次さん風でしょうか。
緩い感じで書いていく。そんな風になりたいですね。
 
頑張って書いていこうと思いますので、
読んだら「いいね」ボタンを押してくださいね!
(モチベーションアップになります!)
 
 
また、着物のことで疑問があればコメントまたはメッセージで書いてくださったら
そのことについても記事を書きますので、ぜひコメントもくださいね!
テーマ:ブログについて
Comment(2) | Posted at 16:25

この記事へのコメント一覧

応援ありがとうございます! 暖かいお言葉ありがとうございます。

私も剣道をしていたので、集中できる感覚が好きでした!
日本の道がつくものの精神性は美しいですし、着物に通じるところを感じています。

オリンピックで着物をかっこよく着たら世界中が感動すると思います。
コスプレではなかったら。

今自分ができることを模索していますので、できる限り頑張ります。
ぜひ篠田さんも大切な時に着物を着てみてください。
着たくなるような着物を研究しています。
またちょくちょく覗いてください。
七代目さん 2015年08月19日 01時10分
応援しまーす 天野さん、はじめまして。

ブログスタートおめでとうございます。

普段、ほとんど和服を着ないのですが、着物っていいなって思います。
弓道をやっていますが、弓道着を着ると、特に帯をピシッと締めて背筋を伸ばすと、氣持ちが引き締まります。丹田に氣が集中して生命エネルギーが湧き出る感覚が好きです。

日本人はもっと着物を着るようになればいいなって思います。

東京オリンピックの選手入場では、各国の選手団がそれぞれの国の民族衣装を着るので、ぜひ、日本人選手団が着物を着て背筋を伸ばして行進したら本当にすばらしいことだと思っています。

すみません、妄想でした。

日本の着物文化の発展のため、頑張って下さい。

応援しています。
篠田法正さん 2015年08月17日 20時36分

コメントの投稿

お名前*
メールアドレス
URL
件名*
内容*

※画像の文字を入力してください。(大文字小文字を区別いたします)