このページを編集する

栃木県小山市、栃木市、下野市、野木町、茨城県結城市、古河市の地域を中心に着物や帯、和装小物をお洒落に使いたいお客様にご利用いただいております、着物専門店「あまのや」です。

お問合せ・資料請求はこちら

 2019年7月  

SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

二十四節気 着物コーディネート

小暑の着物コーディネート*加賀小紋と絽の塩瀬夏帯
2019年07月11日

梅雨明けが近づき、本格的な暑さとなる小暑(しょうしょ)。


今年は、雨や曇りマークが並び、まだ梅雨明けは遠そうな天気予報が続きますね。

40度近い猛暑が続いた昨年と比べると、今年は、折り畳み傘は手放せないものの、比較的過ごしやすい気候が続いている気がします。


さて、そんな梅雨が続く今年の小暑の着物コーディネートは、若女将さんのコーディネートです♪


夏を感じさせる、大きな青アザミの夏帯です。


こちらは、絽の塩瀬なのですが、絽の感覚が太いので、単衣の時期も締めることができる帯!

しかも、白地がベースになっているので、どんな着物にも合わせやすく、大変重宝している帯だそうです♪


着物は、加賀小紋。

加賀・・・と聞くと、手書きの加賀友禅を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、型染めもあるのです。

若女将さんが纏っている着物は、加賀小紋、別名、板場友禅、型友禅とも呼ばれるもので、型紙を生地の上に置き染めるという技法が使われた着物だそうです。

手描き友禅とはまた違い、計算され作られた文様を、熟練の職人たちが手仕事で染めていくことによって生まれる味わいは大変美しい味わいとなって表現されています♪

本格的な夏が近づく、そんな梅雨の季節も、着物で季節を愛でながら、楽しく過ごしたいものです♪

2019-06-172.jpg

2019-06-17.jpg