栃木県小山市、栃木市、下野市、野木町、茨城県結城市、古河市の地域を中心に着物や帯、和装小物をお洒落に使いたいお客様にご利用いただいております、着物・振袖専門店「あまのや」です。

お問合せ・資料請求はこちら

 2017年8月  

SunMonTueWedThuFriSat
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

7代目の創造的破壊的ブログ

きものを買う場所はどこがいいの?002
2017年08月15日 きものの基本  0 Comment
よく聞かれる質問です。
結論から言いましょう。それは


好きな人のいるお店で買うのが一番。


僕はそう思います。
だから、話していて楽しい人を見つけて欲しいです。


着物は専門的なことが非常に多くあります。
例えば、着るのに必要なものを挙げると平気で20個くらい出てきます。
しかも聞きなれない単語ばかり。
それを覚えるのは大変だし、聞いたら絶対にめんどくさくなります。
そして着なくてもいいやってなります。

また、その土地での文化やしきたりも影響してきます。
着方もルールが簡略化されて、解釈も広くなっている部分もあります。
つまり、正解が一つでないのです。


うわー、ややこしい…。笑


だから着物を着るとカッコイイんですけどね。
僕はそう思います。
ちゃんと着られるということは、そういうものをきちんと踏まえた人に見られるんですから。


だから、わからないことが多い初心者の方は特に”おまかせ”できるお店を探した方がいいです。
ちゃんと一式揃えてもらえますから。
そのうちたくさんの着物を見たり、着たりしていると自然にわかってきます。
結局、通いながら覚えるのが一番楽しく、簡単に覚えられるんです。


「じゃあ、そんな呉服屋さんどうやって見つけるの?」
と疑問に思うかと思います。

それは、あまのやに来てくださいではなくて、
難しい質問です。
それは出会いだからです。
一番簡単なのは身近な人に聞く、紹介してもらうことではないでしょうか。


その人・店がいいかは後にならないとわからないのです。
半信半疑で買い物するとつまらないし、後悔も残りやすいです。


だからこそ、行って楽しいとか、気が合うとか、センスが合うとか
そういうことを大事にする買い物をなさって欲しいと思います。

そもそもこんなことを考えたのは、知り合いの方がその友達の呉服屋さんで
楽しそうにきものを選んでいる動画を見たからです。
その方にとって初めての呉服屋でしたが、好きな人にアドバイスをもらったり遠慮なく聞く。
そういう関係がお互いに一番幸せなのを感じました。
ちょっと悔しかったですが。笑

でもいいんです。
着物を着たい方が頼りにするお店が見つかることが一番大事です。
あまのやはそういう空間になるよう、日々目指しています。
特に地元の方々に信頼していただけるように。


相談できる場所がない方は、勇気をもってコメントください。
自分なりの答えは絶対に返します。
そのためのブログです。
そしてここまで読んでくださったのも何かの縁ですから。
出会いは必然です!
一歩踏み出してみてください。

タグ: 呉服店の選び方 

コメントの投稿

Change the CAPTCHA codeSpeak the CAPTCHA code
 

関連記事

2017年08月15日 0 Comment
着物の予算をねん出する方法です。(写真は、太宰府天満宮にいた金色の鯉です。きっと金運アップ!) 僕は声を大にして言いたいこと、 それは スポンサーを見つけろ!! ということです。 いやいやいや、そんな方どこにいるの?私、アイドルでも女優でもないですよ。 そんなことはありません。いるじゃないですか、近く...
2017年08月15日 0 Comment
昨日は友達の結婚式だったので、ちゃんと着物を着ました!個人的こだわりポイントは2点。1つ目は丹後のお召し生地に自分で色を出した(きれい目の水色)きもの。男物は渋めの色はたくさんありますが、きれい目な色はないので挑戦してみました。2つ目は美濃和紙のセカンドバッグ。あまりおじさんっぽくなく、移動の時...
2017年08月15日 0 Comment
今回はまったく着物についてわからない女性に向けての内容です。1枚目の着物は何を選ぶかということですね。 着物をスタートしてみたいと思ったはいいけれど、何を買えばいいか、いくらぐらいするのかわからないですよね。 今回は価格のことは別の記事で書くとして、どんな種類があるのかということを書いていきます。 ...
2017年08月15日 0 Comment
今日の朝刊に折り込みチラシが入りました。小山市近隣のお客様はご覧くださいましたか?乃木坂46の白石麻衣さんが表紙です。やっぱ美人です! あまのやのチラシの時には最近は必ずと言っていいほど、この方が写っています。誰かというと、京都で悉皆(しっかい)業をしている山忠の屋名池(やないけ)さんです。悉...