このページを編集する

栃木県小山市、栃木市、下野市、野木町、茨城県結城市、古河市の地域を中心に着物や帯、和装小物をお洒落に使いたいお客様にご利用いただいております、着物専門店「あまのや」です。

お問合せ・資料請求はこちら

 2020年8月  

SunMonTueWedThuFriSat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

二十四節気 着物コーディネート

栃木県小山市の着物専門店あまのやは、お客様に着物を美しく着こなしていただくお手伝いをしております。着物は、日本の豊かな風土の中で、古来より育まれてきた衣装です。そして、着物の装いは、季節に合わせたコーディネートです。はしり、旬、名残と日本人は気候を細かく分け、その時期に合わせた装いをしてきました。時代の流れの中で、着物の流行や変化もありますが、作り手たちの知恵と努力の結晶である着物を目にし、手にし、そして、愛おしんできました。着物の魅力を伝え、それらを愛でてくださる方とのご縁を結ぶこと。
そして、その方と着物の美しさを引き立てる装いとなるお手伝いをしていくこと。そんな想いから、私たちが、愛着を持った着物を、コーディネートという形でご紹介していくことにしました。
ご紹介する着物や帯は、一つひとつ、私たちが実際に手に取り、風合いや色味、表情などを確認し、選んできているものです。全国各地の自然が生み出す独特の風合いや色味、作り手の個性から生まれた、技術や柄。それらが重なり合って生まれた、単なるファッションという枠に止まらない着物の魅力を伝えていければと思っています。

26120件を表示中
2020年08月03日
8月に入ったと同時に、夏の日差しが降り注いでいますね。待ちに待った夏、ですが、皆様いかがお過ごしでしょう体調など崩されてないといいのですが…さて、今回は夏牛首紬をご紹介。牛首紬は聞き覚えがあるかと存じますが、玉繭(双子の繭)から引き出した糸を用いて、別名「釘抜き紬」と言われるほど丈夫なことで...

続きを読む

2020年07月16日
小暑を過ぎ、これより本格的に暑くなってくるようですが…梅雨明けはもう少し先でしょうか。こんな時にこそ、梅雨を楽しめるコーディネートをしていきたいところ。今回のコーディネートの「附下小紋」ですが、下の画像をご覧いただくと柄が袖山で向かい合う、つまり上向きになっているのが、お分かりいただけると...

続きを読む

2020年06月21日 二十四節気 
今日の夕方は、日本全国で部分日食が見られるチャンスとか。日本で見られる、夏至の日の日食は372年ぶりだとニュースになっておりました。ですが栃木はあいにくの曇り空…雲間から拝めると良いのですが。さて、今回のコーディネートの着物「あまのやオリジナル結城縮」は、社長が色を考え作っていただいたもの。ビ...

続きを読む

2020年06月15日
栃木県も遂に梅雨入りとなり、湿度の高い日が続いていますね。沖縄では既に梅雨明けしたようです。そんな「梅雨」ですが沖縄の言葉で梅雨のことを「小満芒種(すーまんぼーすー)」というのだそう!実際に統計上でも、雨の多い時期と出ているようです。先人の方のお知恵は、本当に素晴らしいですね。さて、沖縄といえば...

続きを読む

2020年05月21日
陽気がよくなり草木が成長してきましたね。小満の季節です。農家では田植えの準備を始める頃。動物や植物にも活気があふれます。新型コロナウィルスの活動もおさまりつつあり、この自粛生活の終わりの兆しも見えてきました。そんな2020年、小満の季節のコーディネートは、疫病の終息を願って、皆様の健康を願って、、、&...

続きを読む

2020年04月03日 二十四節気 
お花見シーズン到来!ですが、今年の春はなかなか積極的にお花見には行けないところですね。。。とはいえ、やはり、季節は「清明」。清明とは、「清浄明潔」の略で、万物がけがれなく清らかで生き生きしているという意味だそうです。花が咲き、鳥は歌い、空は青く澄み、爽やかな風が吹き、すべてのものが春の息吹を謳歌...

続きを読む

2020年03月20日 二十四節気 
随分、長らくコーディネートの更新が滞ってしまいました・・・気づけば、冬が過ぎ、昼夜の長さがほぼ同じになり、春の足音が聞こえてきましたね!とはいえ、新型コロナとの戦いを余儀なくされ、なかなか出歩くのもままならない。。。こんな日は、ご自宅で着物の虫干しや、タンスの整理もオススメですよ!そんな季節のコ...

続きを読む

2019年09月29日
まだ暑い日もありますが、随分と湿度が下がってきたこの頃。お出かけするには、楽しい季節になりますね!こんな季節のあまのやの女将さんのお出かけスタイルスナップです!先日、世界初の360度シアター、アラウンド東京で上映中の、ウエストサイドストーリーの観劇に出かけてきた女将さん。その装いは、あまのやオリジナ...

続きを読む

2019年09月08日
今年はまだまだ暑い季節が続きそうですが、二十四節気では、白露を迎えました。白露は、暦としては"はくろ"と読みますが、"しらつゆ"と読むこともある単語です。"しらつゆ"と読むときの意味は、つゆの美称とあります。確かに、明け方の空気中の水分が冷えて水滴となり、草木の葉や地面などについた様子は本当に美しいで...

続きを読む

2019年08月28日
残暑お見舞い申し上げます。処暑を迎え、暑いとはいえ少しはしのげる暑さになってきましたが、皆さま、夏の疲れなどは出ていませんか?あまのやは、夏の暑さにも負けず、夏のオシャレ心も忘れず、過ごしているつもりです!(笑)女将さんも、もちろん、元気!こちらは、茶色の琉球絣に博多八寸帯のコーディネートです。...

続きを読む

2019年08月11日
暦のうえでは、朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ頃を指す立秋を迎えましたね!暦上は秋を迎えたことになりますが・・・正直、35度を超えるこの猛暑の中では、まだまだ夏本番。今回は、そんな季節にオススメの、まだまだ夏素材の着物で、色目をトーンダウンした装いです♪大人可愛い水玉模様の竺仙(ちくせん)の絹紅梅(...

続きを読む

2019年07月11日
梅雨明けが近づき、本格的な暑さとなる小暑(しょうしょ)。今年は、雨や曇りマークが並び、まだ梅雨明けは遠そうな天気予報が続きますね。40度近い猛暑が続いた昨年と比べると、今年は、折り畳み傘は手放せないものの、比較的過ごしやすい気候が続いている気がします。さて、そんな梅雨が続く今年の小暑の着物コーディ...

続きを読む

2019年06月26日
夏至(げし)を迎えましたね!二十四節気の中でも、夏至は、日の長さが最も長い日、ということで比較的皆さんご存知かもしれません。では、実際に、最も日が短い冬至(とうじ)の日照時間と夏至の日照時間の差はご存知ですか?なんと、、、4~5時間程度もあるそうです。確かに最近は、小山の辺りでは7時過ぎても明るいで...

続きを読む

2019年06月10日
*芒種(ぼうしゅ)の浴衣・型絵染夏帯コーディネート*もうすっかり梅雨入りをした、雨模様のお天気が続きますね。グズグズな天気模様に、自分の気持ちもついうっかり引きづられそう・・・。そんな時には、可愛い着物で、気持ちを切り替えて過ごしたいところです♪そんな気持ちの切り替えのお手伝いをしてくれる着物コー...

続きを読む

2019年05月25日
万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るころ、と言われる小満(しょうまん)。麦畑が緑黄色に色付き始める頃だそうです。小山の名産品、大麦も少しづつ、色づいてきた頃ということでしょうか♪小満を迎えた、今年のコーディネートは、あまのや女将さんコーディネートのご紹介をしようと思います!・・・というの...

続きを読む

2019年05月06日
今年のゴールデン・ウィーク後半は、もうすでに夏のような日差しと暑さで、熱中症なども心配ですが、暦のうえでは、、、今日が立夏。今日から夏を迎えます。そんな季節を可愛く、爽やかに、過ごせるコーディネートのご紹介です!夏を迎える立夏コーディネートのメインは、袷にも単衣にも使える、琉球紅型の名古屋帯。夏...

続きを読む

2019年04月20日
春季の最後の節気、穀雨(こくう)。田畑の準備が整い、春の雨が降る頃と言われます。「夏もち~かづく八十八夜♪」という唄にもある、八十八夜は、穀雨の終わりごろの季節なんだそうです。夏がもうそろそろ近づいてくる、そんな季節には、夏に向けての着物の準備を始めたい、そんなコーディネートのご紹介です。着物は、...

続きを読む

2019年04月05日 二十四節気 
万物がすがすがしく明るく美しい頃と言われる、「清明」。   春の訪れとともに、様々な花が咲き乱れお花見シーズンを迎えた季節です。今日も初夏のような暖かな気温で、桜も見頃。外で、お花見をするにももってこいの春の日ですね!     そんな季節のコーディネートのご紹介です。   天然...

続きを読む

2019年03月21日 二十四節気 
昼と夜の時間がちょうど同じになると言われる「春分」。暦のうえでも、体感的にも、本格的に春がやってきますね!春は、卒業・入学、園遊会などの祝賀行事や社交行事など、ハレの日も多い季節。そんな春の訪れをともに過ごしたい着物は、ハレの日の装いで、安心して過ごせるコーディネートです。日本人の肌にすんなりな...

続きを読む

2019年03月06日 二十四節気 
今日は、空気が暖かくなり、冬眠していた虫が出てくると言われる、啓蟄(けいちつ)。少し難しい漢字を使いますね。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」という意味があるそうです。先週と週明けは、雨も降りましたが、一雨ごとに気温もあがり、日差しもどんどん強くなってきている気がします。...

続きを読む

26120件を表示中