このページを編集する

栃木県小山市、栃木市、下野市、野木町、茨城県結城市、古河市の地域を中心に着物や帯、和装小物をお洒落に使いたいお客様にご利用いただいております、着物専門店「あまのや」です。

お問合せ・資料請求はこちら

 2020年8月  

SunMonTueWedThuFriSat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
あまのや若女将ただいま修業中!
なぜ私は着物が好きなのか
2020年08月04日
こんにちは!小山のあまのや若女将、天野愛繪です。

こんなご時世なので、どこにも行けてない上に、今までのブランクもあり
目新しい着物姿がなく、ブログのネタ探しがてら「着物の写真なにかあったかな~」
と、過去の画像を見て回っていましたら、懐かしい写真が出てきました。

七五三、着物ショー、成人式…
73766.jpg 73765.jpg 73767.jpg 

そこで考えました。この時から私、思えば着物を着るのが嫌じゃなかったな、と。
今では着物は、私にとって、なくてはならない存在になっていますが、どうして
こうなったのか、少し考察してみたいと思います。

着物好きになったキッカケ


①着物を着ると褒められた・着る機会があった


②時代劇に憧れ、昔ながらの生活をしたいと思った

③体型カバー力の高さに惚れた

①「着物を着ると褒められた・着る機会があった」

これは、本当に家族に感謝。なのですが、実家のすぐ近くに呉服屋さんがあり、
なにかというと、着物ショーのモデルにしていただいたり、七五三、中学生の時は職業体験など
ことあるごとに、着物に触れる機会を持たせてもらいました。

子供ながらに、着物を着れば大人の人に褒められるのが嬉しくて、着物を着るのに抵抗感を感じなく
むしろ「着物、好きかも」と思えたのも、「着せてもらった」からなんだろうと、今改めて有難く思っています。

ですから、毎年あまのやに、浴衣の着方を習いに来てくれはる中学生さんをお迎えすると、嬉しくて、
もっともっと若い皆さんに、着てほしいなぁ~と、いつも夢見ています。

まずは、浴衣からでも素敵ですよね。少々汚れても、平気!
気楽に気楽に、楽しんでもらえたら嬉しいです。
私の娘も、何かあれば着物を着せるようにしていますが、まずは日常着に作務衣や甚平さんを着せていまして、
まずは前合わせに馴染んでもらえたらなぁ…なんて画策しています笑

②時代劇に憧れ、昔ながらの生活をしたいと思った

これは祖父の影響です。ちょうど学校から帰ってきて、落ち着いた夕刻頃。
始まりますのは、「暴れん坊将軍」「水戸黄門」という日本を代表する時代劇!
祖父と並んで座って、時代劇を見るのが日課でした。

なんといっても、私が幼いときに見ていた時代劇は何より分かりやすく、
勧善懲悪、1話完結、お決まりパターンという心臓に優しい構成や、殺陣、立ち居振る舞いの美しさがあり、
すっかり心を奪われていました。

これがご先祖さまが過ごしていた生活なのか、と思うと胸がワクワクして、着物を着ているからこその
立ち居振る舞いの美しさに、いつしか「私もこういう素敵な女性になりたい」と思い
舞妓という道を歩む決心をすることになります。

③体型カバー力の高さに惚れた

中学生の時に必死に鍛えたドラゴンボールのサイヤ人のような筋肉も、すっかり役目を終え
脂肪と化し、今や立派な自前の振袖と太ももを持ち合わせている私ですが
着物を着ると、あら不思議。マイナス5キロは痩せて言われます。

なにせ着物はすべて包み込んでしまうのです。まさに「これだ!」と思いました。
よほどでない限り、太って着られないということも、着物においてはないのです!なんとか誤魔化せます笑
(10代から20代前半にかけて購入した洋服は、ほぼ泣く泣く捨てる羽目になってしまいました)

思い出すのは若かりし頃、洋服でドイツに連れて行って貰ったとき。
あまりにポテトと、ハムとビール、ソーセージが美味しくて、毎食ほど食べ続け
行きに着てきたGパンが、最終日にはもうパッツパツで履けなくなってしまっていた!なんてことがありました。

懐かしいですね…とにかく、私にとって着物は「着ていればそれなりに見える」という救世主になりました。


皆さんにとって、着物はどういう存在なのでしょうか。
それぞれで、良いと思うんです。
ハレの日のとっておき!でも、自分へのご褒美!でも、大切なひとときを演出してくれるアイテム!でも
誰かのために着るもの!でも。

まずは着てみてもらえたら、こんなに嬉しいことはないですね。
さぁ~どうしよう~!

*ほかのコーディネートもご覧ください♪
 季節に応じた着物コーディネートをご紹介中↓ 
 → あまのや二十四節気着物コーディネート

*商品については、あまのやにお問合せください 

 → メールでのお問合せ

 → お電話0285‐22‐0062

*きもの初心者さん向けに、ちょっとしたお悩み相談コラムです。
 ぜひ、こちらもご覧ください!
 → 着物初心者さんのためのあまのや活用ガイド

*きものを着始めた中上級者さん向け。
 着物生活をするうえでのコツやお悩み相談をこちら↓でご紹介しています。

 → あまのや活用ガイド~着物生活はじめました編~

*あまのや取扱い商品のご紹介です!
 → あまのや取扱い商品


あまのや呉服店 Web編集部


栃木県小山市、栃木市、下野市、野木町、茨城県結城市、古河市、筑西市、笠間市の地域を中心に
着物や帯、和装小物をお洒落に使いたいお客様にご利用いただいております、着物・振袖専門店「あまのや」です。
着物のお手入れ・クリーニングのご相談も、随時、承り中!着付け教室も開催しています。